七輪を使ってお餅を焼いたよ
七輪を使ってお餅を焼いたよ
 3年生は,社会科の学習で昔の道具について調べています。2月1日には、七輪を使って火をおこして、お餅を焼く体験をしました。この体験では,ゲストティーチャーとして6名の地域の方々に指導に来ていただきました。
 最初は,ゲストティーチャーの原田さんから七輪の使い方の説明を聞きました。子ども達は今から実際に体験できるということで,真剣なまなざしで話を聞いていました。
 七輪の中に、松葉や木炭を入れて火をつけました。木炭に火がつくまでは、なかなか大変でしたが、教えていただいて、空気口を扇いだり、火吹き竹で空気を送ったりして何とか火をつけることができました。
 
 十分に木炭に火がついたら、焼き網の上に餅や芋を乗せて焼きました。
 しばらくすると、ふっくらと焼けてきました。
 七輪で焼くと、電子レンジで焼くお餅と違って、とても香ばしくておいしいお餅ができあがりました。子ども達も「苦労しながら焼いたお餅はとてもおいしい。」という声がたくさん聞こえてきまし
 火をおこすのは大変だったけど、とてもよい体験ができました。ゲストティーチャーの先生方、ありがとうございました。(Y)
 
2018.02.01
〒714-0032
岡山県笠岡市西大島3935
TEL:0865-67-0808
FAX:0865-67-6276
携帯でサイトを見よう

QRコード

※モバイルサイトは、上記QRコードを読み取ってお進み下さい。